酵素・乳酸菌・ユーグレナについてそれぞれざっくり解説します。
酵素も乳酸菌もユーグレナも私たちの心身の健康を保ってくれる頼もしい成分です。

酵素とは?

前の記事でも書きましたが、酵素はたんぱく質を主成分とする物質です。

活性状態において分解する働きを持ちます。

食べ物に含まれる酵素には、たんぱく質・脂質・糖質などを分解する消化酵素や腐る原因になる細菌などを分解する酵素があります。

まず消化酵素について考えてみましょう。

消化酵素には、デンプンを分解するアミラーゼ・たんぱく質を分解するペプシン・脂肪を分解するリパーゼなどがあります。

酵素には、1種類の酵素が1種類の物質しか分解できないという特徴があります。

要するに、デンプンを分解することができるのはアミラーゼだけで、ペプシンがデンプンを分解することはできないということです。

消化酵素を豊富に含む野菜の代表は、大根・山芋・青パパイヤです。

大根・山芋・青パパイヤには「たんぱく質・脂質・糖質」を分解する3種類の酵素が含まれています。

大根を生で食べれば医者いらずという言葉があるように、大根には豊富な酵素や殺菌成分が含まれていて、胃もたれを防ぐ効果がありますね。

また、青パパイヤとは熟していないパパイヤのことです。

熟して黄色くなったパパイヤには、酵素はほとんど含まれていません。

このような消化酵素を含んでいるのが活性型酵素サプリです。

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、乳酸作り出すことができるすべての菌のことをいいます。

乳酸は腸内環境を整える働きがあります。

乳酸菌の代表格であるビフィズス菌は大腸にいる善玉菌で、通常、腸内には常在菌(ずっと住み続けていられる菌)以外は住みつくことができませんが、ビフィズス菌に関しては、腸内で増殖できる菌なのではないかということで注目を集めています。

さらに、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸も作ることができます。

酢酸は腸内環境を整え、アトピーや花粉症を緩和する効果が期待できます。

また、乳酸菌は生きたまま腸に届けば産出される乳酸や酢酸が腸壁を刺激して排便を促してくれます。

さらに、胃酸で分解されても腸内の善玉菌のエサになることで、善玉菌を増やす効果が期待できます。

ユーグレナとは?

ユーグレナは、ミドリムシのことです。

ミドリムシは海藻や藻の仲間になります。

ユーグレナの最大の特徴は59種類の栄養を含んでいることです。

人間に必要な栄養素をすべて含んでいるということが言えます。

ユーグレナは、藻の仲間でありながら、植物と動物の栄養を両方持っている栄養価が非常に高い微生物なのです。

さらに植物の特徴ともいえる細胞壁がなく、細胞膜だけで細胞が包まれているため、非常に消化されやすい構造になっています。

酵素乳酸菌ユーグレナのまとめ

消化を助け、腸内環境を整え、人間に必要な栄養素をすべて含んでいるという理由で、酵素乳酸菌ユーグレナをおすすめするということです。一度ためしてみてはいかがでしょうか。

次の記事では、全米・日本で大人気のコンブチャクレンズを紹介します。